大人・社会人

初心者におすすめプログラミング言語

知人のプログラマーの方に初心者におすすめのプログラミング言語をお聞きしました。

初心者向けのプログラミング言語はこれだ!

今回は初心者向けプログラミングについて書いていきます。

私はプログラミングを始めて10年以上経つのですが、最初に習った言語はC言語でした。

しかし最近ではjavascriptのニーズが高くなっており、最初に学ぶ言語としてjavascriptもオススメします。

それでは、この2つの言語について解説していきます。

C言語

全ての基礎になる言語だと言えます。変数や関数や構造体、ポインタなどの概念があります。

変数とは?

変数とは数値や文字を入れるための入れ物でint、float、double、long、char などの型があります。

使い方としては int number = 1; というような書き方をします。

これを説明すると 数値型のintという型でnumberという変数を作り、その中に1を入れるという意味です。

numberという名前は私が適当に付けた名前なので、この部分は適当な名前を付けていいです。

hogehogeという名前を付ける人もいます。(ホゲホゲ)という本当に適当に名前を付けている感じです。

関数とは?

関数とは中に何かを入れると中で処理された値が返ってくるという感じのものです。

int abc(int number) { int result = number + 1; return result; } という感じで書きます。

これの説明は 最初に int abc(int number) と書いていますが int型の整数が返ってくるという意味で abc(5); という感じで使い、5を入れた場合は、関数の中で1が足されて6が返ってくることになります。

abc(5); は6の値になります。

関数の中を説明すると、 int型のresultという変数にnumberと1を足したものを入れるということを書いていて、次の行に return
result; と書いていますがreturn の後に書いたものが関数の外に返されるという意味です。

C言語まとめ

ここでは変数と関数の解説だけにしておきますが構造体やポインタという概念もありますので勉強してみて下さい。

C言語の最初の難関はポインタの使い方を理解することだと思うので、ポインタは入念に勉強してみて下さい。

javascript

javascriptは簡単で、変数と関数とクラスの概念があります。

javascriptの変数 変数の型はC言語と違ってvarという型だけです。

これだけで数値も文字も入れることができます。 var number = 1; というような書き方をします。

書き方

javascriptの関数 関数の書き方はC言語とちょっと違います。

function abc(number) { var result = number + 1; return result; } というような書き方をします。

関数の最初にfunction という文字列を書いて、次に関数の名前を(この場合はabc)を書き、中に入れる変数(この場合はnumber)を書きます。

使い方はC言語と同じで abc(5); という感じで使い、5を入れた場合は関数の中で1が足されて6が返ってくることになります。

javascriptまとめ

ここでは変数と関数の解説だけにしておきますが、javascriptはクラスという概念がありますのでクラスについても勉強してみて下さい。

javascriptは最近までクラスが標準機能ではなかったですが、最近のブラウザはクラスの概念をちゃんと取り入れて大体のブラウザでクラスが動くようになっています。

2016年より前に書かれた記事などにはトリッキーなクラスの書き方が紹介されている記事が多いのでクラスについては出来るだけ新しい記事を参考にすることをオススメします。

最後のまとめ

最初は教科書通り書いてみて動くかどうか確認して、次は自分なりに書いてみて動くかどうか確認する作業をしてみて下さい。

トライアル アンド エラーを繰り返すのが初心者の勉強方法です。最初のうちはソースコードを書いてみてもエラーばかりだと思うので成功するまで根気よく試してみて下さい。

コードキャンプ(CodeCamp)★公式サイト