IT系の職業

ネットワークエンジニアの仕事内容

ビジネスを繋ぐネットワークエンジニアの仕事内容について。

ネットワークエンジニアの仕事概要

ネットワークエンジニアとは、一言でいうと会社や学校などネットワークを構築するための企画、設計をして、その後は運用を行うエンジニアのことです。

とても難しいように思えますが、簡単にいうとパソコンとパソコンをどうやったら繋がるようになるか、何十台もあるサーバやパソコンなどをどう仕訳いいのか、詳細な知識を突き詰めていくと難しいですが、用は繋がっている状態を保つようにするお仕事だといえます。

どんな人が向いているのかというと我慢強い人が向いていると思います。

いったんネットワークが障害をするとどこが悪いのか、何が原因なのか、考えて試行錯誤しながら復旧を目指します。短気な人がやると関係な障害を起こしかねません。

問題が発生しても、問題に対応するのが仕事と割り切って、冷静にやる人のほうがネットワークエンジニアに向いている言えるでしょう。

⇒評判の良いオンラインプログラミングスクールを体験したので口コミします。

年収はいくら?

IT系全般に云えることかもしれませんが、ネットワークエンジニアで年収を多くもらいたい場合、二通りの方法があります。

一つ目は、有名企業への入社です。

IT業界は、大手のIT企業を頂点としたピラミッド構造です。つまりは、あまり能力がなくても有名な企業に入社し、ある程度仕事をすれば、それなりの年収がもらえます。

超有名企業であれば、普通に働いているだけで800万近くはいくでしょう。ただし、有名企業に入社するのは難しいです。

もう一つのほうは、小さい企業でも自分の能力を人一倍つけることです。

ただし、IT業界の場合、職人のような同じ仕事を極めるというものは皆無といえます。

だから、常日ごろの勉強は当然のこと、どのような仕事にアサインされるように動いていくのか、相当数な努力が必要になってきます。

もしかすると努力というよりかは運任せのこともあります。

人気のネットワークエンジニアを保つには人間関係もあり、努力やスキルだけではどうにもならない場合もあります。

ネットワークエンジニアになる方法

ネットワークエンジニアになるためには、まずネットワークエンジニアとして採用してくれる企業に入社をすることです。

ただし、新卒の場合はともかく中途だと必ず、経験が問われます。

その次に資格です。能力をアピールする力や人間関係の構築が優れた人は、資格の保持はさほど必要ではないかもしれませんが、優れたエンジニアを目指すほとんど人が資格取得を目指しています。

一番有名な資格は情報技術者試験のネットワークスペシャリストです。

ネットワークに関する知識は日々進化しており、時代に合わせ試験内容も則しており、全般的な知識をつけるには、丁度良いでしょう。次に有名なのが、CCNAやCCNPといわれるシスコシステムズ社の資格です。

シスコシステムズは、ネットワークの世界では超有名です。世界のほとんどの企業にシスコシステムズの機器が納入されていると言ってもいいでしょう。

おすすめプログラミングスクール

⇒転職・就職サポートがあるプログラミングスクールはココ!