本文へスキップ

社会人向けプログラミングスクールの口コミ・評判。プログラミング言語・java講座・アプリ開発。

トップページ子供向けプログラミングスクール > 海外でのプログラミング教育事例

海外でのプログラミング教育事例

海外の子供

海外ではIT教育に力を入れる国が増えています。

学校でプログラミング教育の必修化・カリキュラム導入が活発化している状況を具体的に調べました。日本と比較すると驚きの結果に!

海外のプログラミング教育

国名 概要 
イギリス 2014年9月のカリキュラム改訂で5歳〜16歳でのプログラミング教育を必修化
イスラエル 2000年に高校におけるプログラミング教育を必修化、現在中学への導入も計画中
エストニア 2012年に小学校から高校まで計20校のパイロット校でプログラミング教育を開始
オーストラリア 連邦政府の新たなカリキュラム案は8歳〜13歳のプログラミング教育を必修化する内容(現在最終承認待ち、2016年頃から各州で実施の見込み)
韓国  2015年から全中学校に正課外のプログラミング教育を実施
2018年にはプログラミング教育を含む「ソフトウェア」学習を正式科目に採用予定
ニュージランド  2011年に高校生がプログラミング等のコンピュータサイエンスを学ぶ新カリキュラム導入
フィンランド 2016年のカリキュラム改訂で7歳〜16歳でのプログラミング教育を必修化

出典:総務省公式サイトより

コンピューターを使って宿題をする子供の割合

世界ではICT(情報・通信に関する技術の総称)を用いた学校・家庭間連携が広がっています。しかし、日本の取組は遅れています。

下記は、学校外でコンピューターを使って宿題をする子供の割合を調べました。(*OECD PISA2012年調査結果)

最も高いオランダでは79.6%、OECD各国平均が66.5%なのに対して、日本は8.1%。回答があった国の中で最下位。極端に低い結果となりました。

*OECDの加盟国は以下の35か国です。

EU加盟国(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、フィンランド、スウェーデン、オーストリア、デンマーク、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、アイルランド、チェコ、ハンガリー、ポーランド、スロヴァキア、エストニア、スロベニア、ラトビア)

その他13カ国(日本、アメリカ合衆国、カナダ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、スイス、ノルウェー、アイスランド、トルコ、韓国、チリ、イスラエル)

*ICTとは情報・通信に関する技術の総称のこと。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。主に総務省をはじめとする行政機関および公共事業などで用いられています。海外では、ITよりICTのほうが一般的。

⇒アメリカの小学校、プログラミング教育最前線