大人・社会人

プログラミング未経験、はじめての言語に選ぶならどれ?

プログラミングを勉強しようと思っても、はじめての方はどの言語を選べば良いのか悩みますよね。

例えばC言語ひとつとっても、「C」「C++」「Objective-C」「C#」など種類があり、どれを学べばいいのか迷ってしまいます。

そこで、今回は、プログラミング未経験の方が学習しやすい言語をご紹介したいと思います。

プログラミング未経験者には「VB」ことVisual Basic

はじめてプログラミングを学ぶ方にオススメしたい言語が「Ruby」「VB」です。

「Ruby」は初心者でも簡単に学ぶことが出来る言語で、ここ数年、とても人気があります。

この2つの言語の中から、今回ご紹介する言語は、「Visual Basic」です。

「VB」は「Visiual Basic」の略で、簡単に学ぶことが出来るだけでなく、「C#」とも似ているので、「VB」が出来れば「C#」にも応用が効きます。

「Visual Basic」 は「VBA」とほとんど同じですので、今回は「Visual Basic」と「VBA」についての詳細をご紹介したいと思います。

Visual Basicの基礎はExcelで学ぶことが可能

Visual Basic の学びやすさは、その基礎をExcelのVBAで学ぶことが出来る点です。

Excelをある程度利用した事がある方なら、Excelの「マクロ」についてご存知かと思いますが、このマクロが「VBA」です。

VBAはプログラミングの規則などがVisual Basicと同じなので、VBAが使えれば、Visual Basicは体感的に習得する事が出来ます。

また、前述したようにVisual Basic が出来れば「C#」にも応用が効くため、学ぶことでプログラミングの技術の幅が広がります。

VBA ならプログラミング環境を整えなくて良い

普通、プログラミングをはじめようと思ったら、プログラミングのための開発環境を整える必要があります。

先ほどから話題に出ている「C#」や「VB」の場合、「Visual Studio」という開発ツールが必要です。

しかも、これらの開発ツールは無料の場合もありますが、有料でかなり費用がかかる場合もあるのです。

ところが、VBAはExcelさえパソコンに入っていれば使用する事が出来るため、面倒な準備を行う必要がありません。

VBA なら完成後の動きの確認が簡単

VBAはプログラミングした内容を、すぐにExcel上で動かすことが可能です。

そのためプログラミングを行いながら、逐一動きを確認しつつコーディング(プログラムを作成していくこと)をすることが出来ます。

動きの確認が簡単に出来た方が、プログラミングの間違いに気付きやすいので、VBAはとても扱いやすい言語です。

VBAの学習はパソコン教室がオススメ

VBAの学習は、前述のようにパソコンにExcelさえインストールされていれば可能ですが、はじめてのプログラミング学習は、パソコン教室へ通うことをオススメします。

特にプログラミングについては、はじめはわからないことだらけなので、教室で講師の方に質問しながら学んだほうが、進みの差が歴然です。

Excelの授業を行っている教室でもVBAは学べますし、より深く学びたい場合はプログラミング教室のような所へ通うのもありです。

VBAを学習した後は、いよいよVisual Basicを学ぼう

VBAをある程度学習して自信がついたら、次はいよいよVisual Basicを学びましょう。

Visual Basic は先ほども少し触れましたが「Visual Studio」という開発ツールを使用してプログラミングを行っていきます。

製品版はかなりのお値段なので、Microsoftの公式サイトから、体験版を入手する事をオススメします。

体験版は機能が限られますが、企業で作成するような大規模なプログラムでなければ、体験版の機能でもじゅうぶんです。

パソコン教室ならVisual Basic も学べる

パソコン教室なら、Visual Basicの専門的なコースも受講する事が出来ます。

自宅だと製品版は値段が高いため、体験版しか利用できませんが、パソコン教室なら製品版を使用することも可能です。

なかなか自宅ではデータベースを使った本格的な開発環境までは用意できないため、Visual Basic を使う場合も小さなプログラムしか作ることが出来ません。

しかし、パソコン教室やプログラミング教室なら開発環境を教室側で用意してもらえるため、手間要らずで様々なプログラムを作成する事が可能です。

また、独学で学習していると、間違ったプログラミング方法に気付くことが出来ず、動くけれど他人からは分り辛いプログラムを作成してしまう事があります。

パソコン教室やプログラミング教室なら、そのような間違いも直して貰えるのでおすすめですよ。

コードキャンプ(CodeCamp)★公式サイト