大人・社会人

初心者がプログラミングを勉強する前に知っておきたいこと

これからプログラミングを勉強する初心者の方へのアドバイス。

プログラミングとは?初心者にもわかりやすく解説

プログラミングとは、人間がコンピューターを動かす手段です。

そのため、コンピューターの動きを知らないと、本当の意味でプログラミングを理解することは出来ません。

コンピューターの動きを知らなくても、ある程度まではプログラミングは出来ますが、いつか必ず障壁に突き当たります。

初心者が、学習するプログラム言語の文法に精通したとしても、自分の書いたプログラムでなぜコンピューターが動くのかを理解していないと、容易に混乱に陥るのです。

ですので、初心者がプログラミングを勉強する前に、コンピュータがどうやって動いているか知っておくことは極めて有意義です。

コンピューターの動きに関する理解

また、コンピューターの動きに関する理解は、どんな言語を学ぶのにも共通して役に立つものですから、ぜひ知っておきたいものです。

コンピューターの動きを知るには、コンピューターの仕組みを知ることから始めます。コンピューターは大雑把に言うと演算装置(CPU)と記憶装置(メモリ)で動いています。

CPUとメモリは、コンピューターにとってどちらも大切な装置ですが、特にメモリはプログラミングと切っても切れない関係にあります。

この、メモリとは何であるかを理解しておくと、いかなる言語の習得であっても有用なものとなります。

メモリは重要です。

例えば、入門書で変数を説明するのに、変数はデータを入れる箱のようなものであるとか、あるいは「入れ物」のようなものであるといった説明があります。

しかし、これだと抽象的すぎてわかりづらいので、初めて変数について知ろうとする初心者は面食らってしまいます。

ですが、事前にメモリについての知識があれば、変数はデータを格納したメモリ領域に名前を付けたものとして、具体的かつ明解に理解することができます。

この場合でしたら、箱や「入れ物」といった例えで理解しようとするよりも、メモリの実際の状態で具体的に理解したほうが、遥かに学習効率が良いということです。

「初心者がプログラミングを勉強する前に知っておきたいこと」まとめ

このように、メモリをはじめとしたコンピューターの仕組みや動きについて知っておくと、入門の第一歩から役に立ちます。

これを理解しないで初心者がいきなりプログラミングの勉強を始めるよりも、遥かに有利なのです。

コードキャンプ(CodeCamp)★公式サイト