転職の体験談

未経験からWEBデザイナーに採用されました。

未経験からWEBデザイナーになった女性のリアルな口コミです。

webデザイナーをめざしたきっかけ

自分は以前までは営業として長い間、自分にとって最適な仕事を行っていました。

自分の好きな仕事を楽しんで行って行く中で、いかにしてベストな仕事を楽しんで行っていけるかどうかは大変重要な事となるのです。

普段から最適な仕事を楽しんで行く中で今後はWEBや高度なプログラミングの時代が必ず到来する事は、やはり誰もが当然ですがわかっているのです。

その中で、いかにして自分にとって最適なスキルアップを効果的に行っていけるかどうか、について考える事は大変難しい事もまた一つの現実なのです。

私も普段の仕事の忙しさの中でいかにして、WEBデザイン等の専門的な知識を短時間で効果的に身につけて、最終的に収入源となるまでのレベルにするかに関しては大変高い関心を持っていました。

以前までは専門学校や専門の書籍等で学習を行っていく事が大半の学習でした。

最近ではそれに加えてオンラインでプログラミングを学習していける環境が整ってきましたので、その点からしても自分にとって最適な学習を楽しんでいける要素はどんどん増えて来ているのです。

私も自宅で空いた時間を上手く活用してプログラミングを上手く学習を行っていきたいと考える事となり、自分でインターネットで多くのプログラミング学習サイトを探しました。

自分の現在のレベルから目標までを逆算して効果的な学習を行っていける方法を考える事で、自分にとってベストなスキルアップをして、会社員としてだけではなくフリーランスとして活動を行っていけるレベルにまで、自分のスキルアップを図っていきたいと考えるようになりました。

⇒オンラインプログラミングスクールを体験したのでレポートします。

WEBデザインの学習方法

学習に関しては、まずは専門の書籍の中でもインターネットで評判の高い書籍を中心に数冊購入を行っていきました。

その後で、 インターネットやプログラミングサイトで、肉付けを行ってHTMLやCSS、javaScriptを徹底的に学習を行っていく事としました。

最初は難解な言語やその他、多くの専門的な用語にとっつきにくい感じを受けました。

習うよりも慣れろの考え方の元、自分にとって最適な学習をおこなっていく事で、本当に重要なポイントをつかんで最適な学習を行っていく事が可能となったのです。

WEBデザイナーとして採用されました

並行して転職活動も行っていきました。

自分のスキルを磨いて、どんどんポートフォリオを作りました。

そして、面接の際にそれを提示する事で、説得力を持って面接で自分のスキルを相手に伝える事ができました。

普段から最適な方法や自分がWEBサイトを作っていきながら、どのようなサイトで何を相手に伝えていきたいかを明確にさせる事で、面接時においてもやはり多くの方にとって説得力のあるサイトを作っていく事が可能となるのです。

自分の好きなサイトを楽しんで作って面接時にそれを売り込んでいくという方法で自分の就職活動を円滑に行っていく事が大変重要な事となるのです。

未経験からWEBデザイナーを目指す方へのアドバイス

自分がその仕事で頑張っていきたいと考えるのであれば、未経験からでも十分に仕事を行っていく事は可能となるのです。

自分で学習を行っていける環境は十分に整っていますので、そのような中で自分にとって最適な学習を継続していく事で仕事に必要なスキルを磨いていく事ができるのです。

WEBの世界は今後も大変発展していく事が感じられる業界ですし、また大変多くの求人が市場で存在する業界でもあります。

そのような環境の中で、自分のスキルをきちんと磨き、学習で自分の収入や仕事を得る事が可能となるのです。

頑張っていく事で最適な方法で多くの収入を得る事が可能となる業界ですので、自分で頑張って仕事を行ってみてはいかがでしょうか。

おすすめプログラミングスクール

⇒転職・就職サポートがあるプログラミングスクールはココ!