本文へスキップ

社会人向けプログラミングスクールの口コミ・評判。プログラミング言語・java講座・アプリ開発。

今も多く使われているC言語の特徴は?

C言語は、UNIXを高水準言語に書き換えて開発されたプログラミング言語です。

古くからありますが、今も多くの場面で使われている理由や特徴について紹介をしていきます。


コンピューターに詳しくなれる

まず、コンピューターのハードウェアを意識していく必要があります。

効率よくプログラミングができることから、OSではかならず使われていると言えるほどです。

そのため、プログラミングについて学ぶ過程で、コンピューターの仕組みそのものについても詳しくなれるメリットがあります。

C言語はコンパクトで小回りがきく

最大の特徴として、コンパクトさがあります。

その動作スピードの速さも含めて、後から登場した言語に比べても、優れていると言われています。

組み込みプログラミングの分野では、ほかの言語ではなくC言語が使われているのです。

習得難易度は少し高めですが、アセンブラよりは簡単で、効率よく様々な場面で使われている汎用性が高く評価されている言語なのです。

古くても残り続けている実績

現在は、数多くあるプログラミング言語ですが、その中でもC言語は長い歴史を持っています。

それまでに蓄積されたノウハウは数多くあり、後継のC++でそのままソースコードを流用できます。

長い間使われ続けており、それによって蓄積されたソースコードやノウハウは、プログラマーにとって重要な資料になります。

言語自体も少しずつ進化を続けているため、ほかの言語に埋もれて時代おくれ扱いされることもありません。

未だ多くの分野で使われ続けられているのは、それだけで武器になるのです。