WEBデザイン

WEBデザインに必要なプログラミング言語4選

WEBデザインをするためには覚えなくてはいけないプログラミング言語があります。

WEBデザイナーとプログラミングの関係

WEBデザイン

WEBデザイナーはWEBの見た目をデザインしていくのがお仕事です。

WEBデザインの際には、Photoshop(フォトショップ)Illustrator(イラストレーター)などのデザイン関係のソフトが用いられます。

これらソフトを使えば、写真を張り付けたり、背景色を変えたり、WEBページを思った通りにレイアウトすることができます。

しかし、WEBページというのはデザイン系のソフトでレイアウトしたまま公開することはできません。

最終的にはWEBデザイナーが作ったデザインカンプ通りブラウザで表示できるように、マークアップ言語やプログラミング言語でWEBページを再構築してあげなくてはならないのです。

この作業をコーディングと呼びます。

WEBデザインをする際には、この最終的なコーディングを見据えたデザイン案を考えることが重要になってきます。

コーディングはプログラマーの仕事ですが、WEBデザイナーがプログラマーの仕事を理解することでWEBに適したデザインを考案できたり、プログラミング現場とのコミュニケーションが取りやすくなります。

また、WEBデザイナーでありながらプログラミングができるということは、仕事の幅が広げ、転職や在宅での案件受注に大きなアドバンテージを得ることができるでしょう。

⇒ワードプレス(WordPress)ってなに?

WEBデザインに必要なプログラミング言語

webデザイナー

プログラミング言語の種類は数多あるので、どれを学ぼうか迷ってしまうかもしれません。しかし、あちこちに手を出すことはありません。

WEBデザインにとって重要なプログラミング言語を学べばよいのです。

HTML

HTMLは正確に言えばプログラミング言語ではなく、マークアップ言語です。

しかし、WEB系のプログラミング言語を学ぶときには必ず必要になる知識です。いわばHTMLはWEB系プログラミング言語の基礎ということができます。

HTMLの役割は、WEBページの基本土台を作ることです。

漫画を描くことを考えてみてください。最初に枠線を引いたり、人物の下絵を入れたりするはずです。

HTMLも同じで、WEBページの元になるヘッダー、ボディ、フッター、フォーム、画像の配置などを行うことができます。

HTMLの要素は適切に配置することで、WEBページの評価を上げることができるとされています。

例えばGoogleはクローラーと呼ばれるシステムを使って世界中のWEBページ情報を収集しています。

クローラーは機械なので、人間のように見た目でWEBページの内容を把握することはできません。

代わりにHTMLの文法構造を読み込むことでWEBページの中身を理解しようとします。

検索順位を上げるためにはクローラーにWEBページを正しく読んでもらい、評価されることが必要です。

見た目だけでなくHTMLで使われるタグの意味をきちんと理解し、クローラーに正しく読み取ってもらえるWEB構成を考えていくためにもHTMLを学ぶことは非常に重要なのです。

CSS

HTMLで行えるのは大雑把なパーツ配置です。

無味乾燥なパーツを美しく見せていくために必要なのがCSSです(CSSもプログラミング言語ではありませんが、HTML同様他のWEB系プログラミング言語の基礎になるものです)。

再び漫画を描くことを例にとると、CSSはべた塗りやスクリントーン張り、背景の集中線描写、あるいはカラーページ作成に近い作業を担います。

HTMLが配置したパーツの大きさを指定したり、背景色をつけたりするのはCSSの仕事です。簡単なアニメーションを表現することもできます。

また、近年のWEBページに必須のレスポンシブ対応デザインを柔軟に操るのもCSSの役割です。

レスポンシブ対応デザインというのは、パソコンで見る場合、タブレットで見る場合、スマートフォンで見る場合それぞれに合わせてWEBページのデザインを少しずつ変えるデザインのことです。

例えば、おなじWEBページでもパソコンで見る場合はたくさんの情報量が画面にずらっと並びますが、スマホで見ると情報が制限される代わりに画像やボタンが大きくなり、小さい画面でも使いやすいデザインに変更されるのです。

このように画面に合わせてデザインの細部を変えることができるのはCSSに書かれた命令(メディアクエリ機能)のおかげなのです。

⇒HTML/CSSはホームページ作成には欠かせないプログラミング言語、特徴をまとめました。

Javascript

HTMLやCSSを使えばWEBページの見た目を整えることができます。

ただし、WEBページは紙に印刷されたページとは違い、動的に動くことが求められます。

トップページではスライドショーが一定間隔で動き、ボタンを押せばモーダルウィンドウが立ち上がり、時間に合わせて表示メッセージが変わったりする…これら現代WEBサイトに特有の「動き」をプログラミングするのがJavascriptというプログラミング言語です。

Javascriptではプログラミング言語特有のループ処理や条件処理を学ぶ必要があります。

HTMLやCSSの学習とは勝手が違うので初めてプログラミングを学ぶ人は戸惑うこともあるでしょう。

しかし、基礎からじっくり学んでいけば大丈夫です。Javascriptによるプログラミングの結果はすぐにWEB上の動作で確認することができるので非常にやりがいがあります。

Javascriptを身に着けることで、メジャーなWEBページの挙動がどういう仕組みで動いているのか大体理解できるようになるでしょう。

Javascriptの文法は他のプログラミング言語に通じるところがあるので、後々phpなど別言語に進みたいと考える人の入門にも向いています。

またJavascriptはブラウザ上で動くゲームを作ることもできます。

Javascriptの延長にはWEB上でお絵描きができるCanvasもあります。幅広く使えるプログラミング言語なのでぜひマスターしたいところです。

「JavaScript」はアプリ開発に大活躍するプログラミング言語です。

JQuery

JQueryは独立したプログラミング言語というよりは、Javascriptをより簡単に操作するための仕組み(ライブラリ)です。

基本的にJavascriptから派生しているものなので、Javascriptを最初に学んでから挑戦するとよいでしょう。

HTMLの各要素にアクセスする仕組みをDOMと呼びますが、JQueryはこのDOM操作を簡単に行うことができます。

たとえば、JavascriptでID名headの要素を取得するためには、
Document.getElementByID(“head”)
と長い命令をかかなければなりませんが、JQueryならば、
$(“#head”)
と短く書くだけでID名headの要素を取得することができます。

JavascriptだけでなくJQueryを学ぶメリットは他にいくつもあります。

・InternetExplore、Chromeなど複数のブラウザ間で異なるJavascriptの命令解釈を統一してくれる(クロスブラウザ問題の解決)。

・CSSに似た文法構造をしているので、CSS学習者にとって命令が分かりやすい

・さまざまな既存のプラグインを読み込むことで、複雑なサイトデザインをすぐに利用できる

JQueryを使うことで、WEB上の動的な表現をより簡単、豊富に使いこなすことができるようになります。

フリーソフトInkscapeの特徴。Illustratorで作ったファイルも開けるよ。

まとめ

一歩上のWEBデザイナーを目指すなら、WEBの見た目だけでなくバックグラウンドを構築するこれら4つのプログラミング言語を学んでみましょう。

おすすめ

>>>オンラインプログラミングスクール★体験レポート!