プログラミング言語

「JavaScript」はアプリ開発に大活躍するプログラミング言語です。

JavaScriptとは、アプリケーションの開発で使用されるプログラミング言語の1つです。


Javaと混同されがちですが、実際には全く異なる言語となっています。


それでは、どのような特徴があるのでしょうか。

スクリプト言語なのでわかりやすい

JavaScriptは、スクリプト言語に分類されており、プログラムの記述や実行が簡単に行えます。


コンパイラ型言語と比べて、実行までの処理に労力を要しないことも特徴の1つです。


また、オブジェクト指向型であり、プログラムの変更なども簡単にできます。

学ぶ環境を用意しやすい

プログラミングの勉強をするためには、まず環境を用意する必要があります。


言語の種類によってはこの段階から手間とお金がかかってしまいますが、JavaScriptの場合はブラウザとテキストエディタがあれば実行が可能です。


もちろん、資料はインターネット上にも豊富にあるので、これからプログラミングを始めようという人でも、比較的すぐに始められる特徴があります。

Webやアプリの開発現場で活躍

この言語の主な使われ方としては、Webページの動作について、またWebプログラムでも用いられています。


ほかには携帯やスマートフォンのアプリ開発や、ゲームの開発にも使われています。


サイト上での特殊な動作から始まり、本格的なアプリ開発によってはSNSやチャットシステムなども作成可能です。


急成長中の分野で重宝されている言語ということになります。

おすすめプログラミングスクール

コードキャンプ(CodeCamp)★公式サイト