プログラミング言語

GASはどんなプログラミング言語?Google Apps Scriptとは?

gasプログラミング言語

Google Apps Script(GAS)はJavascriptをベースにしたプログラミング言語です。

Googleが提供する様々なサービスを自動化できるため、複雑なビジネスツールの開発にも向いています。

Google Apps ScriptはGoogle版Excel VBA

Google Apps Script、通称GASの名前を聞いたことがあるでしょうか。

GASはGoogleが提供している様々なサービスを自動で動かすためのプログラミング言語です。

Googleはビジネスに役立つ各種アプリケーションをたくさんリリースしています。

例えば無料のGoogleアカウントを持っていれば誰でも使えるGoogleドキュメント・Googleスプレッドシート・GoogleスライドはMicrosoft Officeの「Word」「Excel」「Power Point」の互換製品として十分な性能を持っています。

Microsoft ExcelにはExcelの操作を自動化するためのExcel VBAというプログラミング言語があります。

これと同じように、GoogleにもGoogleの操作を自動化してくれるGASという言語があると考えると分かりやすいでしょう。

⇒VBAはどんなプログラミング言語?仕事の効率アップ・時短できるからOLさんおすすめ。

GASのメリット

GASのメリットはどこでもだれでもすぐにプログラミングができることです。

Microsoft Excel VBAを使ってプログラミングをするには、まずパソコンにMicrosoft Excelがインストールされていることが大前提です。

安いパソコンや中古のパソコンにはExcelがインストールされていないこともあるので、Excel VBAを学びたいなら別途ソフトを購入する必要があります(基本的に格安のMicrosoft Office互換製品ではVBAを動かすことはできません)。

しかし、Microsoft Officeは非常に高額です。VBAを学ぶという目的だけで購入するのに躊躇する人もいるのではないでしょうか。

またVBAではExcel以外のソフト(WordやPower Point)を操作することもできます。

しかし、これらのソフトもまた有料です。

ソフトを購入したり、Officeのサブスクリプション契約をしたりと初期費用がかなりかかってしまいます。

一方Googleの提供サービスは無料のGoogleアカウントを持っていればある程度の範囲までは誰でも使うことができます。

ネットにつながったパソコンさえあれば、だれでもどこでも初期費用なしでGASプログラミングを始められます(Googleサービスを100%使うためには有料のG Suiteを契約する必要がありますが、GASの練習段階では無料のGoogleサービスで十分です)。

GASでは表計算ソフトの「スプレッドシート」だけでなく、Googleが提供している「ドキュメント」「スライド」「フォーム」「Googleカレンダー」「G Mail」「Google翻訳」など非常に多くのサービスを簡単に操作できてしまうのも大きな魅力です。

これらのGoogleサービスはGoogleアカウントに紐ついているので、1つ1つインストールする必要もなく扱いがとても簡単なのです。

たとえば、フォームで受け取ったデータをGoogleカレンダーに転送し、予定を登録するなんて処理もできてしまいます。

早速GASを試してみよう

入門の敷居がとても低いGAS、早速操作を体感してみましょう。

GASを書く方法はいくつかありますが、ここではスプレッドシートからスクリプトエディタを起動させる方法を試してみます。

まず、「Googleスプレッドシート」のトップ画面にアクセスします。(Googleアカウントはあらかじめ作成しておいてください)

https://www.google.com/intl/ja_jp/sheets/about/

「Googleスプレッドシートを使ってみる」→「新しいスプレッドシートを作成」で適当な新規ファイルを作ります。

メニューの中から「ツール」→「スクリプト エディタ」へと進みます。

プログラムを書くスクリプトエディタ画面が表示されました。

プログラムはfunction myFunction(){}の{}中に書いていきます(myFuctionの部分は自分で好きな名前に変えることができます)。

ではここでLOG画面(プログラムの欠点を調べるためなどに使うプログラムの確認画面)に「HELLO!」と表示する簡単なプログラムを書いてみましょう。{}の中に以下のプログラムを入力します。

Logger.log(“Hello!”);

「ファイル」→「保存」あるいは保存アイコン(画面赤枠)をクリックしてプログラムを保存したら、実行アイコン(画面青枠)をクリックします。

画面上の「実行の準備をしています」という表示が消えたら、「表示」→「ログ」を選択します。ログ画面にHELLO!が表示されているのが分かります。

GASのデメリット

メリットの多いGASですが、いくつかデメリットもあります。

前述したプログラムでは値の確認などに使うログ画面を操作しただけでしたが、スプレッドシートなどファイルをいじろうとすると「許可の承認」を求められます。

これはオンライン上にあるGoogleファイルが悪意ある他者にいじられないための仕組みなのですが、プログラムがすぐに実行できないので少し面倒です。

また、入門の敷居が低いGASですが、学習を進めていくのはなかなか骨が折れます。

Excel VBAの本はたくさん発売されていますが、GASの本は非常に少なく、入門者向けのものを探すのが難しいのです。

一般教育訓練給付金制度を使ってWEBデザイナーを目指そう

GAS VS Excel VBAどちらを学ぶのがお勧め?

では、ここでGASとExcel VBA、今から学び始めるならどちらがお勧めかを考えてみましょう。

Javascript経験者ならGASがお勧め

GASのベースになっているのは、Javascriptです。

すでにJavascriptを学習したことがあるという人は、GASの文法はなじみやすいと思います。

ところどころGAS独自の表現方法がありますが、ベースの書き方はかなり似ています。

一方でVBAではループ処理や変数宣言の書き方などが微妙に違ってきます。

Javascriptに慣れた人だと違和感を感じることもあるのではないでしょうか。

Microsoft OfficeがパソコンにインストールされていないならGASがお勧め

GASのメリットの面で触れたように、GASプログラミングはオンライン環境とGoogleアカウントがあれば無料ですぐに始められます。

他のプログラミング言語のように面倒な環境設定もいりません。

またベース言語のJavascriptを学習するには、HTMLの知識などが若干必要になりますがGASなら予備知識はほとんどなしに始められます。

通常の仕事はMicrosoft Office互換製品で十分間に合っているという人は、手軽にプログラミングができるGASを試してみてはいかがでしょうか。

オリジナルツールの開発にはGASがお勧め

GASの魅力は多様なツールとの連携です。

Googleのサービスだけでなく、他のSNSアプリとの連携なども柔軟に行えます。

例えば以下のようなことが可能です。

・Googleフォームで受け取ったデータをメールで送信
・Googleフォームに入力したデータをGoogleカレンダーに登録
・スプレッドシートで作った内容をLINEで定期送信

GASを使うことで生活や仕事に便利なツールを自分で開発することができます。

発想次第でできることがどんどん広がっていくのでとても楽しいですよ。

キャリアアップ・転職に使いたいならExcel VBAがお勧め

GASは便利なプログラミング言語ですが、知名度はExcel VBAほど高くないと思われます。

そのため、転職やキャリアアップの為にGASを習得しても、アピール相手が「GASってなに?」状態になる可能性があります。

一方大抵の企業はMicrosoft Officeを使っていますから、Excelについてはある程度共通理解があります。

仮にVBAのことを知らなくても、「Excelを自動化できるプログラムを作成できます」といえば、イメージしてもらいやすいでしょう。

プログラミング初心者ならExcelVBAがお勧め

今まで全くプログラミングに触れたことがないという人、パソコンの操作に若干苦手意識がある人はExcel VBAから学ぶことをお勧めします。

GASのデメリットは参考書籍、学べるスクールの少なさです。

GASを勉強するためには、ネット上の参考情報を自分で集めるスキルや参考書の分からない点を自分で調べられる能力が必要になってきます。

一方でExcel VBAは一般的なビジネスマンでも学習を始める機会が多い言語です。

全くプログラミングをしたことがない人に向けて丁寧に書かれた参考書が沢山出版されています。パソコンスクールでもVBAを教えてくれるところは見つかりやすいです。

⇒VBAはどんなプログラミング言語?仕事の効率アップ・時短できるからOLさんおすすめ。

Google Apps Scriptは無料で簡単に始められるので、興味がある人は一度試してみてください。学習を深めれば、自分好みのツールを作ることができますよ。

※スクリーンショットの画像はGoogle Apps Scriptサービスより引用