本文へスキップ

社会人向けプログラミングスクールの口コミ・評判。プログラミング言語・java講座・アプリ開発。

C言語の拡張として生まれたC++

1983年にC言語の拡張として開発されたC++は、オブジェクト指向を追加したことで一気に幅が広がりました。

それでは、その特徴はいったいどんなものなのかを紹介していきます。

C++とC言語との互換性

C言語の拡張として作られたことから、C言語との互換性を持っていることがC++の特徴になります。

それまでに蓄積してきたノウハウをそのまま使うことができ、それでいて新しい使い方もできるようになっています。

そのため2つの言語は単体で使われることよりも、一緒に使われていることが良くあるのです。

オブジェクト指向とは?

この言語の最大の特徴は、オブジェクト指向を追加したことです。

これは、データを「もの」に置き換えることで、それらのオブジェクト同士の相互作用ができるようになります。

元になる「クラス」があれば、いくらでもオブジェクトを作成することができるようになったため、より効率的な処理ができるようになりました。

互換性と拡張性が特徴

C言語自体、元々優れたプログラムです。それは今もOSのプログラミングでは欠かせないことからも分かります。

しかしそれだけでは足りない部分を補うのが、C++というわけです。

場面によって使い分けることもでき、それでいて共通して利用できるところがあり、オブジェクト指向という新しい要素も取り入れている。

今もなお改良は続けられており、多くの要望が寄せられるなど、今後も様々な場面での活躍が期待されています。