資格

Illustratorクリエイター能力認定試験を独学突破してWEBデザイン力をつける

イラストレーターの資格

アドビ社が提供している制作ソフトIllustrator(イラストレーター)。

Illustratorを使いこなせることを証明する資格「Illustratorクリエイター能力認定試験」について解説します。

Illustrator(イラストレーター)ってどんなソフト?

イラストレーターの資格

Illustrator(イラストレーター)は高性能なグラフィックソフトです。

Illustratorを使えば、広告やパンフレットなどの印刷物を美しく仕上げることができますし、手書きのイラストに華やかな彩色をすることもできます。

WEBコンテンツの作成にもIllustratorは非常に役立ちます。

Illustratorで作成できる画像はWEB上で使用されるロゴデザイン・アイコンデザインに最適です。

また作成した画像は多彩な形式・画像サイズで保存が可能です。

そのためWEBサイトの用途に合わせて柔軟なデザイン作品を作ることができます。

現代のデザイナーやイラストレーターにとってはIllustratorは非常に重要なソフトです。

デザイン系の仕事に転職したい人、在宅でロゴやバナーを作って仕事したい人にとって、Illustratorは絶対に身に着けておきたいスキルといえます。

IllustratorとPhotoshopの違いとは?

パソコンでイラストレーターを使ってwebデザインする

デザイン系のグラフィックソフトといえば、Illustrator(イラストレーター)と同じくよく使用されているのがPhotoshop(フォトショップ)です。

IllustratorもPhotoshopも同じAdobe社のソフトウェアですが、2つのソフトが製作する画像には決定的な違いがあります。

Photoshopがあつかうのは「ビットマップ画像」です。

ビットマップ画像では1つ1つの小さな点(ピクセルと呼ばれる最小単位の四角形)が集まって画面を構成します。

このピクセルごとに色を割り当てるため、非常に豊かな色彩表現をすることができる点が特徴です。そんなビットマップ画像を扱えるPhotoshopは写真データの加工が得意です。

ただし、ビットマップ画像には欠点があります。それは、拡大すると画像が荒くなってしまうことです。

柔軟に画像のサイズを変更したい、あるいは綺麗な線が描きたい、という場合はIllustratorで作成できる「ベクトル画像」の方がお勧めです。

ベクトル画像はビットマップ画像とは違い、画像を点の集まりではなく、座標と式で表現します。

そのためどれだけ拡大しても画像が荒くなることはなく、いつもスムーズな線を表現することができます。

またIllustratorは複数の画像を均等に配置したり、等間隔に並べるのも得意です。

広告やパッケージの作成といったレイアウトをしっかり作りこむ印刷物のデザインもIllustrator向きの作業といえます。

WEBデザインの場面で言えば、ロゴやアイコン、地図等色のパターンがある程度限定されているような画像の作成にはIllustrator、写真画像の繊細な色合いを調整するのにはPhotoshopを用いるなど、2つのソフトを併用していくことも多くなります。

未経験者が実力をつけるのにちょうどよい資格

未経験からWEBデザイナーになるには

WEBデザインの現場において欠かせないIllustratorのスキルですが、デザイン系の学校をでていたりデザイン系の仕事をしていない限り、日常で身につくことはまずないでしょう。

というのも、Illustratorは月額料金を払いながら利用する高額なソフトで、PCに最初から付属しているような代物ではないからです。

そのため参考書を買って独学したり、スクールに通ったりしてスキルを身に着けていくことになるわけですが、問題はその後。

仕事に役立つレベルのIllustratorスキルをどのように証明していくのかということです。

ただIllustratorの勉強をしましたというだけでは、どの程度のレベルなのか誰も判断することができません。

自分自身ですら、勉強していて実力がついているのかどうかわかりにくいのがデザイン系のソフトです。

例えば、参考書や講師の言うとおりに作業していれば、1つの作品を作ることはできますが、それを「何もない状態から何の指示もなしに」できるかどうかは分かりにくいですね。

WordやEXCELのように日常で使う場面がないのでなおさらです。

Illustratorの勉強をする上で、何か明確な目標がないと挫折しやすくなってしまいます。

そこで目標の1つとしたいのが「Illustrator®クリエイター能力認定試験」の合格です。

Illustratorクリエイター能力認定試験は全くの初心者が実践レベルのIllustratorスキルを身に着けるために非常に役立ちます。

試験の中では実際にポスターや広告の作成をする問題が出てきます。

試験の時間内にどれだけ早く、Illustratorの操作を正確に行えるかが問われることになります。

試験に合格するためには基礎的な操作方法を「なんとなく」ではなく、きっちりと身に着けることが重要です。

そのため試験の合格を目指すことは、Illustratorを深く学習するためのとても良いきっかけになるでしょう。

またIllustrator®クリエイター能力認定試験に合格すれば、転職の際にも履歴書の中に資格名を堂々と書いてアピールすることができます。

Illustrator®クリエイター能力認定試験の概要

イラストレータークリエイター認定試験

それでは、具体的なIllustrator®クリエイター能力認定試験の概要を説明しましょう。

Illustrator®クリエイター能力認定試験は年齢の制限なしに受験することができる試験です。

難易度が易しめのスタンダードレベルより実践的なスキルを試されるエキスパートレベルが存在します。

エキスパートレベルの場合、スタンダードレベルにはないDTPやWEBデザインに関する知識問題(選択式)が出題されます。

スタンダードレベル、エキスパートレベルともに、小問をこなしていく第1部と、1つの作品をじっくり作り上げていく第2部に分かれています。

スタンダードレベルの場合、第1部は40分、第2部は90分です。

エキスパートレベルの場合、第1部は50分、第2部は90分です。受験料はスタンダードレベルで7,537円、エキスパートレベルで8,556円(ともに税込)です。

スタンダードレベルの方がやや易しくはなっているものの、試験時間・受験料的にはあまり変わりません。

受験勉強時間がある程度とれそうなら、より実践的な知識が身につくエキスパートレベルの受験をお勧めします。

試験会場や試験日程は地域によってかなりばらつきがあります。

全国統一試験というわけではなく、試験の設備(Illustratorのソフト)が整っているパソコンスクールに個別に申し込む形です(個人受験の場合)。

Officeソフトの検定とは違って、受験できる場所は限られています。

地方によってはかなり遠くまで足を運ぶことになるでしょう。試験勉強を始める前に会場の詳細を以下のページから調べて見てください。

Https://sikaku-uketuke.jp/locations/view/?_ga=2.139064691.1937227841.1571492589-2086680853.1571231050

Illustrator®クリエイター能力認定試験の独で学突破

パソコンソフトを使って勉強する

まずは試験の前にIllustratorのソフトを手に入れましょう。

Adobe社のWEBページから直接契約すると、月額契約、1年契約が選べます。

短期でスキルを獲得しようと考えるなら、月額3480円(税別)で契約して数か月の学習に集中する手もあります。

ただ、ある程度時間をかけてじっくり取り組みたいのなら年間契約の方がお得です。

具体的な試験勉強は、試験の主催団体サーティファイが紹介している参考書と実践問題集を使うのが手っ取り早いです。

まず参考書ですが、「Illustrator®クイックマスターCC Windows&Mac」を使います。

全ページオールカラー、ファイルの保存などの基本操作が学べる第1部、レイヤー操作・パス操作などより応用的な操作を知る第2部、そして実際に具体的なコンテンツ(ロゴデザインなど)を作成していく第3部に分かれています。

全くの初心者でも無理なくステップアップしていける内容です。

Illustratorの操作に慣れたら、「Illustrator®クリエイター能力認定試験問題集」に挑戦してみましょう。

出版社で配布されているファイルをパソコンにダウンロードすることで認定試験とそっくりの問題を実践練習できます。

なお1冊でスタンダード、エキスパート両方のレベルに対応しています。

エキスパートレベルで出題される知識問題の対策も、この本に書かれている内容を頭に入れておけば大丈夫です。

本番さながらに、時間内に操作を終えられるよう何度も練習しましょう。

Illustrator®クリエイター能力認定試験公式ホームページ
https://www.sikaku.gr.jp/ns/il/

アドビ・オンライントレーニング。ヒューマンアカデミー通信講座「たのまな」口コミ体験談ヒューマンアカデミー「アドビ・オンライントレーニング通信講座」の体験談です。 アドビの特徴。 わたしの勉強法。 体...

⇒「イラストレーター」資格取得に向けてオンライントレーニングしよう。