本文へスキップ

社会人向けプログラミングスクールの口コミ・評判。プログラミング言語・java講座・アプリ開発。

Web作成には欠かせないHTML/CSSの特徴

ホームページなどWeb作成は簡単にできるようになりましたが、細かいカスタマイズをしていくならHTML/CSSの知識は必要不可欠です。

それではこの言語はいったいどのようなものなのでしょうか。

HTML/CSS、タグを使って様々な表現ができる

HTML/CSSでは、タグを使って文章の装飾ができます。

<>で囲み、そこに様々なタグを付けることによって文章構造を変えていけます。

簡単なものなら色を付けたり太字や取り消し線を引くものになりますが、画像を使わずにボタンを作成できるようなものもあるなど、その用途は様々なものになります。

Web作成では必須技能

HTML/CSSを使うことによって、そのページ自体に様々なルールを設定できます。

そうすることによって、Webサイト作成時の手間を大幅に削減できるようになるのです。

このタグを付けたときにはこのスタイルを適用すると決めておけば、後は簡単に指定するだけで同じような文章構造・装飾を再現できます。

まず、これを覚えなければWeb作成は始められないと言えるくらいの必須技能なのです。

下書きと彩色のような関係

HTMLタグを使って文章を書くことで、全体的な骨組みができあがります。

そしてCSSによって装飾をしていくことになりますが、これはちょうど絵を描くときの下書きと彩色のような関係と考えればわかりやすいです。

下書きがなければ色を塗っても全体像が見えず、下書きだけだと簡素な作りになってしまいます。

片方だけではなく、双方がそろうことによって、見やすくわかりやすいWebサイトが作れるものだと考えてください。


スタイルシートを扱うために必須なHTML/CSSとは

様々な文書で使用されているスタイルシートですが、その中でも一番多く使われているのはWebサイトでのHTML文書です。

HTML単体の文書もありますが、より見やすく、ほかにはないデザインのためにはHTML/CSSという言語が必要になります。

Webサイトでは必須と言える言語

HTML/CSSは、Web作成をするなら必須と言えるような言語です。

単純に文章を書くだけなら本当に基礎的なことだけでも良いのですが、見やすくするためには様々な設定が必要になります。

小見出しを強調するものから始まり、段落設定に区切り線などがあると、ただ文字が羅列した文書よりも見やすくなるわけです。

勉強するためのコンテンツが豊富

本格的なプログラミング言語に比べれば、HTML/CSSはとても学びやすいものになっています。

テキストエディタだけあれば作成することができ、チェックもブラウザで開くだけです。

そして、有志による参考コンテンツが豊富にあります。

見やすく使いやすいものを作ることが重要

どんな表現をするためには、何を使えば良いのか。これだけでもスタイルシートの作成はなんとかなるものですが、ゴチャゴチャとしたものになると、後から修正をするときに大変です。

一度作ってしまえばそれで終わりというわけではなく、後から手を加えやすいものが一番です。

そのためには、優れたプログラミングのコードのように、単純かつ直接的な内容で書ける必要があります。