スクールの口コミ

「ドットインストール」3分でプログラミング学習ができる動画サイト。体験談あり

ドットインストールの特徴

ドットインストールは、プログラミング学習動画を配信しているサイトです。

ドットインストールの特徴は1本の動画がわずか3分以内で見終わるように作られていることです。

3分以内の動画が集まって1つのコースを作り上げているのです。

例えば、「はじめてのHTML」というコースは3分以内の動画が14回分用意されています(全14回を通してみることで、1つのコースの勉強が完了となります)。

スキマ時間に少しづつ見るのもよし、休日に14回分まとめて見ても1時間以内に学習が終わる計算になります。

無料で使えるテキストエディタAtomにパッケージをインストールすることで、動画を見ながらプログラミングを行うことも可能です。

ドットインストールの難易度・レベル

ドットインストールでは、初心者向け・中級者向け・上級者向けの3種類の動画が公開されています。

つまり、初心者から上級者まで対応したサイトということができるのですが、公開されている動画の数を見ると初心者向けが274本、中級者向けが107本、上級者向けが12本となっています(2019年8月現在)。

この動画数から分かるように、ドットインストールはプログラミング初心者に力を入れた学習動画サイトです。

公式サイトにもその点ははっきり明言されています。

「このサービスは初心者向けに設計されています。そこで 細かいところは大胆にざっくり省き、おおまかな仕組みを理解してもらうこと を目的としています」

(公式サイトhttps://dotinstall.com/aboutより引用)

動画の内容が3分以内というのも、分厚い参考書で挫折してしまいがちなプログラミング初心者にとっては学びやすい環境ですね。

またコードエディタの紹介など、プログラミングに至るまでの環境設定についての説明が豊富なのも初心者に優しい構成といえるでしょう。

ドットインストールで学べるプログラミングの種類

ドットインストールで学べるプログラミングの種類は非常に多岐にわたります。

HTML・CSS、Javascriptはもちろん、プログラミングの入り口ではあまり聞き覚えのないMarkdownやAdaを学ぶコースもあります。

その数全部で、50言語以上(2019年8月現在)!

高額なプログラミングスクールにも勝るとも劣らない数の言語をフォローしているといっていいでしょう。

言語数が豊富過ぎて何から学べばよいのかわからないという人は「レッスン一覧」の「目的別で探す」を選んでみてください。

WEBサイトを作りたい、サーバー環境を作れるようになりたいなど「やりたいこと」に対応したレッスンがどれなのかを探すことができます。

在宅でプログラミング収入を得たいと考えているなら、案件が多いHTML/CSSやJavaScriptから学び始めるとよいかもしれません。

無料会員と有料会員の違い

ドットインストールでは無料会員でも多くの学習を体験できますが、見ることができる動画は初心者向けの動画の一部に限定されてきます。

一方で月額980円(税込み)の有料会員になると初級・中級・上級者向けの動画すべてが見放題になります。

有料会員のメリットはそれだけではありません。

・講義動画のスピード調整
・講義動画内容が文字で読める「文字起こし機能」の利用・文字起こし文章内の検索
・講義動画の音声を男性から女性に変更(1部動画のみ)
・ソースコードの閲覧・比較・検索
・素材ファイルのダウンロード
・デモの確認(1部動画のみ)
・先生への質問機能(試用期間中)

とプログラミング学習に役立つたくさんの機能を利用できます。

ドットインストール体験談

実際わたしが利用してみて感じたドットインストールのメリットとデメリットをご紹介します。

ドットインストールのメリット

まず、学べる言語がかなり豊富な点。気になるプログラミング言語を片っ端から見ていける環境は本当に贅沢だと思います。

中級・上級向けの動画は確かに有料会員向けなのですが、無料会員でも最初の数回を見ることは可能です。

名前は聞いたことがあるけれど、これってどんな言語なんだろう、どんなことができるんだろう、そんな興味本位でさまざまなプログラミング言語をつまみ食いできるのがドットインストールの良いところです。

またドットインストールの特徴である動画の短さは、寝る前などちょっとした隙間時間に勉強するのに最適です。

プログラミング学習というと、長い間パソコンに向かっているイメージがあり、まとまった時間がなければ勉強ができないと思っていたのですが、

ドッとインストールは働きながら学習したいわたしのような女性にとってプログラミング入門を気軽に始めるためのきっかけになりました。

動画を見るだけだから、出先でスマホから学習することもできます。

もちろん、実際にプログラミングの腕を上げるためには自分でコードを書くことが必須ですが、長い学習時間がとれない平日の夜などにはドットインストールで知識の予習・復習をするのも良いと思います。

わたしが最初に学習したプログラミング言語はExcelVBAでした。

そして、実践的な参考書に進む前に視聴したのがドットインストールでした。
寝る前やベットの中でゆっくりできる休日の朝にドットインストールを見てプログラミングのイメージをつかむことができたのは大きな収穫です。

また、講師の先生が自分のパソコンで1からプログラミング環境を立ち上げている姿が動画に映っているので、自分のパソコンでどのようにプログラミングを行っていったらよいのかが分かる点もメリットです。

オンラインプログラミング学習サイトの多くは、入力したプログラミングの実行結果をすぐ確認できるシステム(テキストエディタ+疑似ブラウザ)を整えています。

このシステムは便利な反面、学習サイトから離れた途端、自分のパソコンでどのようにプログラミングを行っていったらよいのかわからなくなるというデメリットがあります。

プログラミングの環境設定が自分でできないのです。

一方ドットインストールでは自分でプログラミング環境を整えていくことになります。

そのため、開発環境の設定について解説する動画も充実していますし、テキストエディタの使い方のような初歩の初歩についても学ぶことができます。

ドットインストールのデメリット

メリットでも触れましたが、ドットインストールは動画配信サイトですので、実際のプログラミング環境は自分で作っていくことになります。

これは自分で環境設定をする勉強になるというメリットの一方、デメリットになることもあります。

というのもすぐにこの言語を学びたい!というモチベーションが低下してしまうことがあるからです。

私は一度PHPをドットインストールで学ぼうとしたことがあるのですが、ローカル開発環境をうまく整えることができず、挫折しました(これはドットインストールが使用しているローカル開発環境がVirtual Boxであることが原因であると思います。

わたしは後にwordpressを勉強するために、xamppを使ってローカル開発環境を導入したのですが、様々なツールのインストールを必要とするVirtual Boxよりもxamppの方が簡単にインストールできました)。

自分でプログラミング環境を設定することが大切なのはわかるのですが、ドットインストールで説明しているプログラミング環境設定が自分に合わないこともあります。

またドットインストールは3分以内で動画が終わるため、内容が細切れになりがちなので、「一気に重要なところだけ学びたい」というせっかちな気持ちがおこっているときは、動画の短さがストレスになることもありました。

おすすめ!ドットインストールの活用法

短い動画で構成されているドットインストールは本格的な参考書で勉強を始める前の予習に最適です。

あまり細かいところにこだわりすぎると、次に進めなくなるので、肩の力を抜いてスキマ時間に視聴するのがお勧めです。

ドットインストールでプログラミングのイメージがつかめたら、本格的な参考書を購入してプログラミングを実践してみましょう。

おすすめプログラミングスクール

⇒転職・就職サポートがあるプログラミングスクールはココ!