スクールの口コミ

「Paizaラーニング」プログラミングスキルをチェックしよう。

Paizaラーニングとは

Paizaラーニングは3分間の動画視聴とプログラミング演習を組み合わせたオンラインプログラミング学習サイトです。Paizaラーニングではサイトの中にプログラミングの入力画面と出力結果を表示させる画面が整っています。

初心者がつまづきやすいプログラミング環境構築を必要としないので、会員登録後すぐにプログラミング体験を行うことができます。学習プログラムは求人票をもとに作られていて、実際の現場で役立つスキルが学べる点が特徴です。また、就職活動の際に書類選考をパスできるPaiza新卒・Paiza転職との連携も魅力的です。

Paizaラーニングの学習システム

Paizaラーニングの学習は、基本的に3分間の動画を見て、復習のための演習課題を解くという流れです。3分間の動画数回分が1つの処理を学ぶ1回分として設定されています。さらに処理が数回分集まって、1つのコースとして設定されています。

例えば、「JavaScript入門」コースは全4レッスンに分かれていますが、その4レッスンがまた全6~9回の3分間動画の集まりになっています。1回分の動画は3分で見終わることができますから、忙しい毎日でもスキマ時間に勉強を進めていくことができます。

動画を1本見終わるごとに演習課題が表示されます。ここで、実際にプログラミング知識の確認をすることができるというわけです。演習課題のプログラミングは画面横のウィンドウで、入力~出力まで行うことができます。演習課題をクリアするごとに、レベルアップの画面が表示されます。

ある程度学習が進んだら、プログラミングスキルチェックをしてみましょう。スキルチェックに取り組むことで、現在の自分のプログラミングスキルを客観的に図ることができます。

スキルチェックの難易度はS~Dランクの6段階です。正解を重ねることで、自身の評価ランクが上がります。獲得した評価ランクはPaizaラーニングの姉妹サイト、Paiza新卒やPaiza転職の求人に応募する際に利用できます。

Paizaラーニングで学べるプログラミング言語

Paizaラーニングで学べるプログラミング言語は以下の通りです(2019年9月時点)。

・C
・C#
・HTML
・JavaScript
・Java
・SQL
・Python3
・PHP
・Ruby
・シェルコマンド
主要な言語は大体そろっていますね。

Paizaラーニングの特徴

その1 豪華声優陣による動画音声

Paizaラーニングの特徴としてまずあげられるのは、動画音声の聞きやすさ。というのも動画音声には上坂すみれさんや上間江望さんといった現役声優を起用しているからなんです。

プログラミングに出てくるながい横文字の専門用語も、さすがの声優ボイス―とても聞き取りやすいです。「勉強している」というより、ドラマCDを聞いているような感覚に陥るかもしれません。

また、Paizaラーニングではあちこちにアニメやゲーム的なビジュアルを採用しているので、堅苦しいイメージが全くないのが特徴です。

Paizaラーニングの特徴2 プログラミングスキルチェックと就職支援

オンライン学習という独学の場では、いくら勉強しても「今自分の実力はどのぐらいなのか?」知る機会が非常に少ないです。目標に到達できているのかどうかわからないと挫折率も高くなります。

そこで役立つのが、スキルチェックです。スキルチェックを解いていくと現在年収いくらのプログラマーレベルなのかを表示してくれる仕様になっており、自分の実力を客観的に見ることができます。

また、PaizaラーニングはPaiza新卒やPaiza転職といった就職支援サービスとも連携しています。これらのサービスではプログラミングスキルチェックのレベルに応じて、書類選考をパスし面接に進めるシステムを取っています。

「プログラミング未経験で履歴書に記載できるような実績がない…」とお悩みの人にはとてもありがたい仕組みですね。

Paizaラーニングの特徴3 ゲームイベントで楽しみながらプログラミング学習

Paizaラーニングは楽しく学習するためのサービスとしてゲームイベントも用意されています。

オンラインゲームを楽しむように、プログラミング学習ができるサービスです。プログラミングでかわいい女の子を集めていく「コード・ガールこれくしょん」や美少女アンドロイドとのRPG「エンジニアの死滅シタ世界」などが楽しめます。

有料会員はどんなことができる?

Paizaラーニングには無料会員と有料会員の2種類があります。

無料会員でも動画の一部を見たり、スキルチェックを受けることができますが、Paizaラーニングの機能をフルに利用したいのなら有料会員になる必要があります。

有料会員になれば、すべての学習動画を見ることができるようになります。音声の速度を変える機能も利用できますし、学習の最中に分からないところがあれば、プロのエンジニアに質問をすることができるのです。

さらに、実際の転職の際に重要になる「ポートフォリオ(自分の作品集)」の作成もしっかりフォローしてくれます。

学習体験を終えて…Paizaラーニングはどんな人に向いている?

Paizaラーニングにはたくさんのプログラミング言語入門動画が用意されています。

また、学習プログラムの中には、プログラミング言語を入力する画面とその結果を出力する画面があらかじめ用意されており、プログラミング学習環境を自分で用意する必要がありません。

そのため、プログラミング初心者でも無理なく取り組める構成になっています。

ただ、おなじくプログラミング初心者を対象にしているオンライン学習サイト「Progate」と比べるとやや難易度が高めになっているように感じました。

例えば、プログラミング言語としてメジャーなJavaScriptですが、その実行の仕方には2種類あります。

クライアント側(サイトを見ているブラウザ側)で実行するパターンと、Node.jsという環境を用いて、サーバー側(サイトの本体が置いてある側)で実行するパターンです。

クライアント側で実行するJavaScriptはHTMLと一緒に記述するだけですので、比較的簡単に理解することができます。

しかし、サーバー側でJavaScriptを扱うには、Node.jsの仕様をある程度学ぶ必要があります。

Paizaラーニングが提供している「JavaScript入門」の学習プログラムはサーバー側で実行するJavaScriptについて解説しているので、やや難易度が高めということができるでしょう。

ちなみにJavaScriptのスキルチェックでも、解答はサーバー型JavaScriptで記述する必要があります。

Paizaラーニングは就職支援に非常に力を入れている学習サイトです。

難易度の高いスキルチェックをクリアすることで、書類選考無しで面接に進むことができる転職サイト「Paiza転職」との連携が特徴的といえます。

そのため、他の学習サイトに比べ、より実践的なプログラマーを育てようとする内容になっているようです。

とりあえずプログラミングを学習したいというまったくの初心者は「難しい」と感じてしまうかもしれません。

逆にプログラミングを学んで転職したい!という気持ちが強い人や、いままで他のサイトや書籍で軽くプログラミングを学び、どのぐらいの実力が身についているのか試してみたいという人にお勧めの学習サイトといえるでしょう。