社会人・大人向けコラム

プログラミングを覚えるコツ。

プログラミングを覚えるコツ

プログラミングを覚えるコツで重要なことは、「とにかくコードを書く」と言うことです。

例えば、最もポピュラーなプログラミング言語である「c言語」を勉強するのであれば、基本的なルールを本やWEBサイトを使って勉強すると言うのも良いでしょう。

基本的なプログラミングのルールをしっかりと覚え、それからコードを書いていくと言う方法は非常にオーソドックスな方法です。

プログラミングを覚えるコツはまずは「ルールなど知らなくてもいいから形を覚える」と言うことです。

基本的なルールを覚える

確かに基本的なルールを覚えてからの方が「意味を理解しながら学習できる」と言うメリットがあります。

なぜこのようなコードを書くのか、それがどういう意味があるのかをしっかりと理解しながら書いていけばより深い理解をすることにもつながりやすくなります。

ただ、プログラミングにおけるルールは絶対的な部分のいくつかを除いては、無視してもそれほど問題ないものが沢山あります。

その全てのルールをしっかりと覚え、それに沿って書いていくことは確かに大切なことではあるのですが、結局のところは「正確なソースになっているのかどうか」と言うことの方が大切なのです。

実務で大事なこと

ちょっと専門的な話になりますが、仕事でプログラミングを作成したとき、クライアントが欲しているプログラムが期待通りの動作をしているのかと言うことが重要なのです。

そのプログラムがどのように作成されているものなのかと言うのはそれほど意味がないです。

クライアントから依頼を受けている商品を作成するなら、基本的なルールに則って書くと言うのも優しさと言えなくもないのですが、

そもそも自分で使うだけのプログラムを作るのであればルールなど守る必要は全くないと言っても過言ではありません。

むしろ、ルールを無視して作成したプログラムが意図する通りに動作するのかと言うことを見ることも大切です。

正確なルールに則って作品を作るだけの練習よりも、「独自に考えた理論が適切なのかどうかを確認する」と言うことの方が将来的には大きな意味を持ってきます。

「プログラミングを覚えるコツ」まとめ

プログラム言語を覚えることは難しいことではないのですが、覚えたプログラミング言語をどのように活かすか、独自性やオリジナリティーのほうが仕事する上では、重要になってきます。

おすすめプログラミングスクール

⇒転職・就職サポートがあるプログラミングスクールはココ!