転職の体験談

ゲームプログラマーは文系からでもなれる。わたしの就職体験談

ゲームが好きだからゲームプログラマーになってゲームを作りたいという場合、仕事内容や給料、面白さや遣り甲斐などは気になりますよね。

そこで、ゲームプログラマーについて実際になるためにはどんな方法があるのか、求人数の多さ・なりやすさについて具体的にご説明していきたいと思います。

ゲームプログラマーの仕事内容

ゲームプログラマーはゲームメーカーや制作プロダクションに所属して、ゲーム作成でC言語などの開発用言語を使ってプログラミングを進めていく仕事です。

ゲームを作るためには多くの人がその製作プロセスに関わっています。

ゲーム企画やシナリオライターなどの案をもとに、ゲームプログラマーがプログラミングをしてゲーム作成を行います。

スマートフォンに対応したゲームなどのオンライゲームは、ゲームの中でも比較的開発が簡単にでき、アイディアで勝負できるところもあるという点で人気があります。

実際にゲームを作るのっておもしろい。

ゲームプログラマーのやりがいは、やはりゲームを実際に作成することです。

システムはゲームクリエイターによって考えられ、キャラクターデザインはゲームデザイナーによって描がれます。

ゲームプログラマーはそれらのキャラやストーリ―などを、企画書や仕様書などにもとづいて具体的に動かしていきます。

どれだけ素晴らしいゲームをゲームクリエイターが企画しても、すばらしいCG動画をCGデザイナーが作成しても、ゲームプログラマーがいないとゲームは動かないのです。

多くの人が考えたことにたいして、ゲームプログラマー自身が命を吹き込んで、ゲームにするという点がゲームプログラマーのやりがいといえます。

必要な資格・スキル

ゲームプログラマーになるためには必ずしも資格は必要とは言われていません。

しかし、基本情報技術者の資格はもっておく方がいいといわれています。

平均年収

中小企業に就職する場合は年収300~500万円くらい。大手ゲームメーカーならもう少し高いといわれています。

ゲームプログラマーの給料は、一般的に労働時間などを考えると、時給換算するとあまりよいとは言えないようです。

求人の多さ

名の知れた大手メーカーで目ゲームプログラマーになるのは競争率がとても高いです。

そのため、なりたい人に対して求人数は少ないといえます。

中小企業などでは、人手不足のところなら未経験でもプログラマーだった場合でも、専門学校生でもゲームプログラマーになる道は開かれているといわれています。

「ゲームプログラマー」まとめ

ゲームプログラマーになるための必要な資格は特にないといわれていて、誰でもゲームプログラマーになれます。

しかし、メーカーなどでゲームプログラマーとして企業就職を行う場合には予備知識や経験がないと難しいかもしれません。

一方で、人手不足で初心者でも応募可としている企業も多くあります。

ただ、大学で情報系学部でプログラミングを学んでいたり、専門学校でプログラミングの基礎知識を学んでおくと、就職に有利といわれています。

おすすめ

>>>オンラインプログラミングスクール★体験レポート!